子どものいる家族がキラキラと輝いて見えてつらいときには

子どものいる家族が輝いて見える

不妊治療をしていてなかなか結果が出ないと、自分が不幸のどん底にいるような気持ちになることがあります。

私にはもう一生良いことなんて起きないんじゃないか、という気持ちになったり。

子どもを連れている人たちが全員キラキラと輝いて見えたり。

不妊治療に限らず、頑張っても頑張っても報われないということはすごくつらいことだけれど、

ちょっと冷静に考えれば、自分だって、何もかもが不幸というわけではないことに気づくはず。

この人との間にどうしても子どもを持ちたいと思えるような素敵な相手と平和に暮らしているんだから。

さらに言えば、キラキラ輝いて見える子どもを連れた人たちだって、

全員が100パーセント幸せというわけではない、ということも知っているはず。

なのにどうしてこんなにも落ちてしまうのか?



自分の意識がキラキラフィルターをかけている

それはきっと、ここまでの苦労をして手に入れる予定のものは素晴らしいものであるはずだ、

という意識があるからだと思います。

この先には幸せな未来があると信じて不妊治療を頑張っている。

だからこそ、妊活中にすれ違う親子連れはすっごくキラキラして見えてしまう。

目に入る親子連れがうらやましくてうらやましくて仕方ないとき。

自分の目にはキラキラフィルターがかかっていること思い出して、

ちょっとでも心が軽くなるといいなと思います。

ブログ村バナー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする